株価指数が投資対象のCFDとオプションなどの違いとは?

日経平均やTOPIXなどの株価指数を対象に投資したい方にとって魅力的な投資商品があります。
その投資商品とは、“インデックスファンド”“先物”“CFD”“オプション”“ETF”の5つです。
投資に興味のある方や既に投資経験のある方にとって、この5つの投資商品はもしかすると聞き慣れた名前かもしれません。
では、それぞれの違いとは何なのか知っていますか?
まずは違いを明確にし、混合しないように見分けられるようにしておきましょう。

“インデックスファンド”
少額の資金で始められる積立型の投資商品で、日経平均など特定のベンチマークを目標に運用されています。
他の商品に比べると手数料は若干高めで、売買するタイミングが1日1回きりというところがネックに感じられるかもしれませんが、日経平均やTOPIXに疑似的ではあるものの投資することが可能です。

“先物”
ある特定の商品を決められた日に、今の時点で取り決めた価格で取引する、いわば未来の事を予測しながら行う投資です。
投資対象となるのは基本的に決済期限がある日経平均やTOPIXで、高いレバレッジを効かせることができるのも特徴の1つです。
しかしレバレッジを効かせ過ぎると、その分、リスクも大きくなるので慎重に取引しなければいけません。

“CFD”
差金決済取引で、一般的に多く取引されているのは株です。
ただし、株自体を売買するのではないので株を保有することはなく、買値と売値の差額を取引するのがCFDです。
もちろん個別株式以外にも日経平均やTOPIXを疑似的に投資することもできますし、レバレッジを効かせることも可能となっています。

“オプション”
日経平均やTOPIXを予め決めておいた価格で、売買する「権利」を買ったり売ったりする取引の事です。
自分の予想に反した動きがあった時、その権利を放棄することもできるのでリスクを最小限に抑えられるというメリットがあります。

“ETF”
上場投資信託のことで、インデックスファンドとは違い常に時価で売買できるようになっています。
売買するルールは株と変わらないので、分かりやすいというのもメリットの1つでしょう。

投資初心者にもおすすめ!CFDはメリットがたくさんあります

「日経平均株価」「NYダウ」「1ドル○○円」などの言葉。
毎日ニュースをご覧になっている方ならば、一度は聞いたことがあるでしょう。
これらはすべて、株式投資やFXに関係している言葉です。

日経平均株価とは、簡単にいえば日本国内の選ばれた個別株を総合して出された平均株価のことです。
これのアメリカ版がNYダウだと思ってください。
ちなみに日経平均株価は225銘柄から。NYダウは30銘柄から構成されています。

そして夕方のニュースの最後に必ず出てくる、アメリカドルの現在の相場。
海外の通貨は、毎日相場が変わるものです。
その相場変動を利用して、安いときに買って高い時に売る。
この差額で利益を得ることを目標としているのがFXのことです。

これらの言葉は、一般人でも聞いたことがある有名なものばかり。
では「CFD」はいかがでしょうか?
おそらく、投資に全く興味のない一般人は、知らない方の方が多いでしょう。

これから投資を始めようと思っている方や投資初心者の方には、ぜひCFDについて知っておいてほしいと思います。
なぜならば、CFDは投資初心者にもおすすめの取引だからです。

CFDは投資の種類というより、取引の方法そのものと思ってください。
個別株への株式投資やFXはもちろん、国内外の株価指数や金・銀・原油などの商品も対応している取引です。
CFDは「差金決済取引」の略称であり、差金決済とは売買した差金のみを決済するものなのです。
レバレッジをきかせて、少額の証拠金で多額の投資ができるところもポイントです。
まとまった金額を用意するのが困難な方が多い投資初心者でも、レバレッジを利かせることで資本金以上の取引ができます。
結果、高額な利益を得やすくなるのです。

差金決済ですので、口座からのお金の出し入れも通常の投資よりも少額で済むところもメリットですね。
このように投資初心者にはCFDを利用するメリットがたくさんあります。

CFDについては、初心者向けにわかりやすく説明している投資入門サイトなどもあります。
興味がある方は、そちらを見ておくといいでしょう。
なぜならば、レバレッジがきくことで損失も大きくなりやすいという、デメリットについても理解してから投資を開始することをおすすめします。

日経平均について知りたい人におすすめの情報が満載です。

株式投資で高額の配当金をもらっている人もいますが、だれでも収益を得ているわけではありません。株式投資で成功するためには日経株価とTOPIXの関連性を理解しておく必要があります。特に株取引の初心者は日経株価とTOPIXに注目しましょう。

「日経平均を考えるブログ」は、株式投資のための情報が満載です。これから株取引を始める人や投資家を目指している人はぜひ参考にしましょう。
こちら(日経平均についてもっと知る→)をクリック!

近年は特別な人でなくても気軽に株式投資にチャレンジできます。初心者でも始めやすい日経平均が注目されています。東証一部上場企業1700社から選ばれた日経225は損失のリスクが少ないので初心者におすすめです。

こちらの情報サイトは、取引時間に制限がなく24時間リアルタイムでチャンスがある株価指数CFDについて詳しく紹介しています。日経225から始めてみたい人は、株価指数CFDのメリットや投資方法を勉強してみませんか。

海外の株価指数CFDは為替レートの変動で急騰、急落するリスクがあります。NYダウ平均のチャートがわかれば損失を避けることができるので知識を身に付けましょう。「日経平均を考えるブログ」は、投資家の経験や豆知識など役立つ情報が満載です。

株価指数CFDに興味がある人は、くりっく株365にもチャレンジしてみませんか。24時間取引可能ですから決済日が翌日の営業日に繰り越されます。取引のポジションを無期限保持されているのでライフスタイルに合わせて投資ができます。

帰宅後の自由時間や週末を利用したい人、家事の合間に投資を始めたい人は、くりっく株365がおすすめです。日経225と比較して取引を成立させる最低単価が安いメリットもあります。

ダブルワークで投資家をめざす人が増えていますが、取引時間に制限のないCFD取引から始めてみてはいかがでしょうか。株式投資に興味のある人は、こちらのサイトで日経平均や株価指数CFDなどのお役立ち情報を収集しましょう。

CFDならばNYダウなどにも投資可能です

貯蓄を増やすために。将来のために。家計の足しにするために。
様々な理由で、投資を始める人が増えてきています。

投資と聞くと、少し前まではお金を持っている人が行うものというイメージがあったと思います。
投資には個別株への株式投資やFXなど、様々な種類がありますが、どれも始めるには数百万円…場合によっては数千万円の資本金が必要となります。
10万円程度でも始められないことはありませんが、その分利益も少なくなりますので資産を増やすには不十分でしょう。

では、あまりまとまった金額を用意できない一般人では、投資は始められないのでしょうか?
それは違います。
最近では「CFD」という取引を利用すれば、少額の資本金でも投資が始められます。

CFDとは「差金決済取引」のことです。
例えばある個別株を10,000円で買って10,500円で売ったとします。
差金決済とは、この差額である500円のみが自分の口座に利益として入ってくるのです。
購入するための10,000円も、売ったときに入る10,500円も差金決済取引では関係ないことなのです。
もちろん損失がでれば、損失分の差額のみが口座から支払われることになります。

そしてCFDはレバレッジをきかせて、多額の取引も可能となります。
証券会社により最低証拠金は違いますが、レバレッジ20倍ならば証拠金100万円で2,000万円の取引ができてしまうのです。

このように、CFDならば差金決済で口座のお金の出し入れが少なくて済む・レバレッジを利用して高額の取引ができるというメリットがあります。
これならば、資本金が少ない一般人でも投資が始めやすいですよね。

また、CFDは個別株やFX以外にも、株価指数や海外の個別株や株価指数にも対応しています。
海外といえば、有名なアメリカのNYダウへの投資もCFDで可能となります。
もちろん他の国の個別株に気になる銘柄がある方も、CFDが対応していれば取引可能です。

投資の幅を広げて、初心者でも始めやすくしてくれる。
これがCFDの最大のメリットでしょう。

株価指数CFDは初心者にもおすすめです

資産運用のひとつとして人気の高い株式投資。
特定の銘柄の株を売買することで、上手に利益を作り出し資産を増やす投資です。
最近では投資家の特集がされるテレビ番組も人気があり、株式投資を身近に感じている方も多いでしょう。
そこで自分にも始められるのではないか…と、投資を始めてみようと思っている人もいるでしょう。

しかし、株式投資を始める前には、多額の資金が必要となります。
株は一株を売買するだけでは数円の利益しか得ることはできません。
数百万・数千万円の多額の株を購入し、それを売ることで多くの利益を得ることができるのです。

おそらくこれから投資を始めようと思っている人で、数千万円の資金を持っている人は少ないでしょう。
そこでおすすめしたいのが、CFD取引です。
CFD取引とは、差金決済取引のことです。
簡単に説明すれば、10,000円の株を買ってもし9,900円に下がったとしても、損失分の100円のみ支払えば大丈夫。
「差金」ですので、差額分の決済ができれば大丈夫という取引なのです。
また、レバレッジをかければ少額の証拠金で多額の取引もできます。
レバレッジ20とすれば、50万円で1000万円の取引もできてしまいます。

このように、CFD取引はメリットが多いのが特徴です。
CFD取引は株やFXなど、様々な取引に適用されます。
そのCFDの中でも初心者の方には、株価指数CFDがおすすめですよ。

株価指数とは、日本ならば日経平均株価やTOPIXなどが挙げられます。
決められた複数の銘柄の株価の平均値を出したものです。
日経平均株価ならば、225社の銘柄の平均株価のことを指します。
この株価指数をCFDで取引する方法は、初心者にメリットが多いですよ。

例えば個別株の投資では、企業業績や財政状況を調べたりする必要があります。
また、倒産のリスクもありますよね。
株価指数CFDならばこれらのリスクがないので、初心者でも始めやすいのです。
また、レバレッジもきかせられますので、少額の証拠金で多額の投資も始められますので資金が少ない初心者でも始めやすいですよね。

これから投資を始めたい。
そう思っている初心者の方は、株価指数CFDから始めてみることをおすすめします。

CFDを利用すれば分散投資も可能です

これから株式投資やFXを始めたいと思っている人や、現在投資をしている人も一度は聞いたことがあるであろう「CFD」
聞いたことはあるけれど、よくわからないという人もいるのではないでしょうか。

CFDとは、差金決済取引のことです。
差金決済ですので、例えばA社の株を10,000円で購入して10,100円に上がった時。100円の利益を得ることができます。
逆にこの株が9,900円に下がったとき、100円の損失を出すことになります。
通常の取引ならば、10,000円の株を買うのに10,000円を用意することになります。
しかしCFDは「差金決済」なので、仮に9900円に下がったとしてもこの100円のみ支払うだけでいいのです。

また、CFDはレバレッジをきかせて取引することが可能となります。
例えば50万円程度の証拠金を元に、レバレッジを20きかせて1,000万円の取引をすることも可能です。

差金決済・レバレッジと、初心者でも始めやすいメリットが多いCFD。
CFDは株式やFXなどの実物取引だけでなく、株価指数や商品先物などの取引も可能です。
日経225だけでなく、NYダウやDAXなどの株価指数に連動された銘柄に適用して売買することもできます。
このようにCFDは様々な投資に適用されますので、多くの投資家が利用しています。

また、このCFDを利用すれば手元にある資産が少額でも、分散投資をすることができます。
分散投資とは、株式投資だけでなくFXや金・銀など他のものにも投資する方法です。
例えば株式投資で損失を出しても、FXで利益を得れば損失分をカバーできるというメリットがあります。
CFDでレバレッジをきかせて分散投資をすれば、資産が少なくても分散投資が上手にできるというわけですね。

CFDはレバレッジをきかせられるメリットがありますが、その分損失が出れば損失もレバレッジ分多くなります。
分散投資をするときには、証拠金が不足しないようにきちんと管理しておきましょう。